<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ルリシジミ

暖かい日差しがあたる林中のなかをゆっくりと舞う白い小さな蝶を見かけることが多くなりました・・
山里や畑でも普通に見られフグリや桜など色々な花に来てくれますね^^ 舞う姿を近くで見ると
青くも見えます。 今日はムラサキツツジに来た場面です。

シジミチョウ科 ヒメシジミ亜科 年4,5回発生し3月から10月に見られる 蛹で越冬し
九州から北海道に分布する。

ツツジの他にはこれといった花が無い場所です・・ 花の周りを小刻みに舞っていたがやっと
ツツジにとまったルリシジミ^^  1280*1024
e0103903_734866.jpg


違う花に来た場面・・ 拡大トリミング
e0103903_7361849.jpg


此方はムラサキツツジに来ていたコツバメ・・ 少し翅が傷んでましたね^^
e0103903_737434.jpg


梅に来たヒヨドリ・・ 嘴が精巧にできているのか蜜を吸っているようです^^
e0103903_7404834.jpg


留鳥も居るようですが、此方は渡り途中のヒヨドリの群れ・・ 北へと飛んでいきます。
e0103903_7412542.jpg


豊科の白鳥たち・・ 4/28現在、14羽が残っていました。
e0103903_7444682.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-04-30 07:47 | 瑠璃小灰蝶(5)

コツバメ、出現!

天気が悪く先週は見られなかったコツバメがやっと出てきました^^ 小さな蝶で10mmほど、
飛ぶのが早く舞う姿もよく分からないですね。毎年、翅表を撮ろうと狙うが今回も失敗しました^^
これからが本番なので、まだチャンスはありますがね^^

シジミチョウ科 ミドリシジミ亜科 年1回 3月~5月に見られる オスは占有行動をとり、
ミヤマセセリなど他の蝶を追飛する。蛹で越冬、九州から北海道に分布

池田町にやってきました・・ 草原のような場所でオオイヌノフグりが咲いています。
花と比べると小さいのが分かりますね^^
e0103903_19434048.jpg


違う花に来た場面・・ 拡大トリミングしました^^ 表を見ないと♂♀の判別は無理かも?
e0103903_19445784.jpg


此方は飼育、放蝶されたヒメギフチョウです・・ 地元愛好家のお花畑で撮らせていただきました^^
ヒヤシンス?に来たヒメギフチョウです・・ 自然では見られない珍しい光景ですね^^
1280*1024  また壁紙館の昆虫の部にも登録しました^^
e0103903_19531557.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-04-25 19:55 | 小燕(4)

桜に舞う蝶々たち^^

安曇野にも桜が咲きだしましたね・・ で、桜に来る蝶を撮ろうと出かけました^^
童謡「蝶々」の歌に、「菜の葉に あいたら 桜にとまれ・・ 」とあるが昔は見たことが無かった
んです・・ 蝶の居るところを知らなかったんですね。 蝶を撮るようになってやっと桜に来る
場面を普通に?見れるようになりました・・ でも昨日は越冬蝶ばかりでしたね^^ 


初めに見たのはヒオドシチョウ・・ 翅縁のヒオドシ模様がほとんど無くなっていますね^^
e0103903_7414043.jpg


今度は前から・・ このほうが見れる光景でしょう?^^   1280*1024
e0103903_7443269.jpg
 

次に見たのはルリタテハ・・ 此方は翅が残ってましたね^^ 1280*1024
e0103903_7485358.jpg


こちらはシータテハ、 でも樹の上の方でちょっと遠い^^ 以上タテハチョウ科でした。
e0103903_750424.jpg


昨日の豊科、白鳥湖から・・ 白鳥観察館はすでに撤去され、白鳥数は30羽と減ってましたね。
先週から1週間で緑が増えてて驚きましたよ^^
e0103903_7552349.jpg


あづみちゃんです・・ 寝てましたが首を伸ばして羽の手入れをしてます^^
e0103903_7563631.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-04-22 08:00

オスのベニシジミ、今年初撮り^^

花があって日当たりの良い場所です・・ 先週は見られなかった紅シジミが舞っていましたね^^
一年に何度も生まれてくる多化性、季節によって翅の色合いが違ってきます・・ 春はいくらか
小さいですね^^  11月まで楽しめます。 以下SP70-300mmレンズ

シジミチョウ科 ベニシジミ亜科 多化性 3月から11月に見られる 九州から北海道に分布し
幼虫で越冬する。 国外ではヨーロッパから東アジアに至るユーラシア大陸、北アメリカに知られる

何時も近寄ると逃げられますね^^  正面から撮ったのはこのカットのみでした。
e0103903_2081882.jpg


ホトケノザに来た場面・・ 蝶の花が咲いたようです^^ 後ろ翅に青い斑点があるので♂ですね
e0103903_20134891.jpg


オオイヌノフグリに来たベニシジミ君・・ もうちょっと翅を広げてよ^^
e0103903_2015070.jpg


此方はワサビの花に来たモンシロチョウ・・ 花期が過ぎてますね^^
e0103903_20163788.jpg


雌のキジに遇いました・・ ちょっと遠いのでトリミング^^
e0103903_20203882.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-04-18 20:23 | 紅小灰蝶(14)

ミヤマセセリ、出現

午前中は温度がなかなか上がりません。そこで風が無く陽当りの良い場所に行ってみました^^
出てきたのはテングチョウばかりの処ですが、ラッキーなことにミヤマセセリが居たんです^^
何時も思うが、色合いや体の太さ、どうしても蛾に見えるミヤマセセリ君ですね^^
以下SP70*300mmレンズ

セセリチョウ科 チャマダラセセリ亜科 年1回 早春に発生する。九州から北海道に分布

前翅の模様からオスでしょう?・・ 枯葉の中にとまると、まったく目立ちませんね^^
e0103903_18161134.jpg


セセリチョウ科の中では一番早く見られる蝶ですが、こんなに早く見たのは初めてです^^
しかも民家の近くでしたね。
e0103903_18214339.jpg


今日の白鳥湖から・・ この白鳥も飛べないようです・・ 餌場に行こうとするが雪解け水で
増水、川を渡れません。
e0103903_18254960.jpg


餌場に居る白鳥たち・・ 田んぼに行くことは無く、1日中此処に居るようです^^
この中にあづみちゃんも居ます・・どれか分かりません^^
e0103903_1827389.jpg


今日の白鳥数
e0103903_1828296.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-04-15 18:30 | 深山挵(4)

フキノトウに来たシータテハ

梅が咲き出したので梅に来た蝶を撮ろうと出かけたんですよ^^ ところが梅にはサッパリ
来ません・・ 代わりに梅木の下にあるフキノトウに来てましたね。この花で蝶を見るのは
久しぶりです^^

タテハチョウ科 タテハチョウ亜科 年2回発生し、7月~10月に見られる 成虫で
越冬し、九州から北海道に分布する。国外では、アジアからヨーロッパに広く分布

すでに食べごろを過ぎたフキノトウ・・ でも蝶は美味しそうに吸蜜してましたよ^^
フキノトウに来たシータテハ
e0103903_19194042.jpg


翅裏・・ この「C」の文字が名前の由来 小さな花が可愛らしい^^
e0103903_19211571.jpg


別の花に来た場面・・ 咲き出したばかりですね^^
e0103903_1923104.jpg


豊科にて・・ アオサギとカワウのバトル?場面。  何故怒ったのかカワウを追いかける
アオサギです^^
e0103903_19263785.jpg


雄のカワウを押さえこむアオサギ・・ 先に潜ったのは雌のカワウです^^
e0103903_19291638.jpg


偶然か? 逃げたつもりの雌カワウが魚を捕って出てきた^^
e0103903_1931113.jpg


それを見ていた別の雄カワウが、慌てて近寄る^^
e0103903_19332171.jpg


それに気が付いた雌は水中に逃げたんです・・ アオサギはビックリしてますね^^
e0103903_1937587.jpg


結局、魚は雄に盗られてしまいましたね。アオサギ君押さえていたカワウを放したようです^^
e0103903_1953148.jpg


カワウ、左から餌を盗られた雌・・中、餌をチャッカリいただいた雄のカワウ・・ 右、押さえ
こまれて何があったのか分からないらしい^^
e0103903_19424987.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-04-11 19:49 | C立羽(9)

スジボソヤマキチョウ

ヤマキチョウとスジボソヤマキチョウ、良く似ているというかソックリな蝶ですね・・ 未だに
見分けができないところもあるが越冬蝶になると更に分からない^^ そもそも同じ種類でも
良いと思うが、DNA鑑定でもすれば違うのでしょうね^^

シロチョウ科 モンキチョウ亜科 年1回、6,7月に羽化 しばらく活動した後、休眠状態に入り
そのまま越冬する。 本州、四国に分布し食草はクロウメモドキ科

翅裏は色褪せていますね・・ とまると翅を閉じてしまう蝶です^^  ♂かな?
オオイヌノフグリに来た越冬明けのスジボソヤマキチョウ
e0103903_1827839.jpg


ペアで舞う場面・・ 前が♀、黄色がほとんど無いが、左側の♂には鮮やかな黄色が
残っています。
e0103903_18301761.jpg


もう産卵が始まってましたね^^
e0103903_1831658.jpg


豊科にて・・ オオタカの幼鳥が舞って来た場面、 少し前にキジを襲ったがカラスが来て
失敗^^ 
e0103903_1836612.jpg


この後上空を旋回・・ 白樺峠に居るような場面でした^^ 拡大トリミング
e0103903_1836532.jpg


今日の白鳥数・・ 明科に居た白鳥たちは、のんちゃんを残して皆帰ったようです^^
(怪我をしている白鳥は数に入りません)  北穂高には1羽も来ませんね
e0103903_18411752.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-04-08 18:45 | オオタカ(3)

クジャクチョウ

この蝶も越冬明けです・・ 翅が切れて色褪せているかと思いきや、赤色が良く目立って
ましたね^^ でも近くに寄れませんでした・・ 敏感になってるかもですね^^ 何故か花に
来ませんでしたが翅が華やかで花にも似て綺麗です^^

タテハチョウ科 タテハチョウ亜科 年2回 6月~10月に見られる 成虫で越冬
中部地方以北、北海道に分布する 孔雀蝶

後ろからそっと近寄る^^ 目玉模様は全開!  赤というより朱色に近いですね。
e0103903_2102788.jpg


翅裏を撮ろうと待ったが逆光位置になってしまいました^^ これから何回も会えると
思うが、まだまだ寒い日があるよ!^^
e0103903_2113154.jpg


白き白鳥たちから・・ 親に見守られて無邪気に舞う幼鳥たちです^^ 1280*1024
e0103903_2144575.jpg


やがて降りてきた・・ 片親と3羽の幼鳥、4羽の家族ですね^^ ワイドモニター用1680*1050
e0103903_216135.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-04-04 21:09 | 孔雀蝶(8)

越冬明けのテングチョウ

やっと天気が良くなりましたね・・ でも明日からまたくずれそう^^ 今シーズン初めての
タテハチョウ科・・ 撮れたのは越冬明けのテングチョウです。 ルリタテハにも遇いた
かったが、風が強く無理ですね^^

タテハチョウ科 テングチョウ亜科 年1回 6,7月に発生 南西諸島から北海道に
分布し、成虫で越冬します。幼虫はニレ科にエノキを食べ新成虫は6,7月ころ・・

陽だまりで翅を温めるテングチョウ。枯葉の中にとまると、サッパリ分からなくなります^^ 
e0103903_1745532.jpg


メスの翅裏は美しいそうだが、これはオスでした^^  天狗の鼻のような毛束があるが
2つに割れてますね^^
e0103903_17512441.jpg


白鳥が居る間は白鳥も紹介します^^  白き白鳥から・・ 降下してくるグループ1280*1024
e0103903_17553571.jpg


今日の白鳥数・・ 今日の北穂高には91羽来てましたから、ほとんどが豊科から
来てるんですね^^ (豊科から北穂高まで4.5Km位)
e0103903_17595249.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-04-01 18:00 | 天狗蝶(4)

D7100と34で蝶を撮ってます ^^


by azuminomasa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク&参考文献


参考文献
山と渓谷社 蝶
文一総合出版 日本の鳥
文一総合出版 ワシタカ類
ブログ紹介
MG's JunkBox
へなちょこ爺の写真箱
ほっとする居場所
よく晴れた雨の日に
ぽっと陽だまり研究室
山歩風景
じいちゃん先生のトナカイだより
デジタルみちのくの風景
ヒメオオの寄り道
奈良の野鳥
かめらのあしあと
yutorieの庭
風と私と散歩道
おじさんの散歩がてら
バチターブルー
蝶と滝と自然を求めて

タグ

(369)
(314)
(184)
(146)
(133)
(107)
(95)
(43)
(34)
(26)
(23)
(22)
(21)
(20)
(19)
(17)
(16)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

蝶H20
蝶H21
以下蝶H22~ あいうえお順
赤立羽(7)
揚羽蝶(2)
浅葱斑(6)
浅間一文字(2)
一文字挵(5)
薄羽白蝶(4)
裏銀小灰蝶(4)
裏銀豹紋(6)
裏波赤小灰蝶(2)
裏波小灰蝶(6)
L立羽(9)
大一文字(2)
大裏銀筋豹紋(1)
大胡麻小灰蝶(2)
大日陰(1)
大三筋(3)
大緑小灰蝶(1)
大紫(7)
尾長揚羽(2)
烏揚羽(2)
大緑小灰蝶(1)
鴉小灰蝶(1)
黄揚羽(25)
北黄蝶(6)
黄立羽(12)
黄羽挵(1)
岐阜蝶(6)
黄縁立羽(7)
黄斑挵(1)
銀星豹紋(3)
孔雀蝶(8)
雲形豹紋(2)
雲間褄黄蝶(10)
雲間紅日陰(1)
黒揚羽(1)
黒燕小灰蝶(4)
碁石小灰蝶(1)
小黄斑挵(1)
小燕(4)
小緋縅(4)
小豹紋(4)
小豹紋擬(4)
胡麻小灰蝶(1)
小三筋(1)
小紫(4)
逆八蝶(7)
C立羽(9)
蛇目蝶(2)
定山緑小灰蝶(7)
杉谷瑠璃小灰蝶(1)
筋細山黄蝶(6)
筋黒白蝶(5)
筋黒茶羽挵(1)
墨流し(1)
大名挵(3)
燕小灰蝶(3)
褄黒豹紋(9)
褄黄蝶(6)
褄白裏蛇目(2)
天狗蝶(4)
虎斑小灰蝶(2)
緋縅蝶(4)
日陰蝶(1)
姫赤立羽(10)
姫裏波蛇目(1)
姫黄斑挵(1)
姫黄斑日陰(2)
姫岐阜蝶(5)
姫小灰蝶(2)
姫白蝶(2)
姫日陰(1)
二筋蝶(2)
紅小灰蝶(14)
紅日陰(5)
星三筋(2)
三筋蝶(1)
緑豹紋(4)
深山烏揚羽(11)
深山小灰蝶(11)
深山挵(4)
無紋赤小灰蝶(2)
雌赤緑小灰蝶(2)
雌黒豹紋(3)
紋黄蝶(7)
紋白蝶(4)
瑠璃小灰蝶(5)
山黄斑日陰(1)
大和小灰蝶(1)
瑠璃立羽(4)
--以下 猛禽類--
オオタカ(3)
クマタカ(2)
コチョウゲンボウ(2)
サシバ(6)
チョウゲンボウ(5)
ツミ(2)
ノスリ(7)
ハチクマ(4)
ハヤブサ(2)

以前の記事

2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

記事ランキング

ファン

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

その他のジャンル