タグ:タテハチョウ科 ( 369 ) タグの人気記事

オオムラサキが出て来ましたね^^ なんとD7100が故障した

今まで30D,D300,kissX,D7000,D7100と乗り換えてきましたが初期不良の症状が
出たのは今回が初めてです^^ AFが動かなくなり残り撮影枚数のところにr19と表示
されます・・ さっそく修理に出さないとね^^ それまでの間、D7000での撮影になります。
下取りに出さなくて良かった良かった^^ 下取りに出しても二束三文の時代です。

いよいよオオムラサキが出て来ましたね・・ まだ数が少なく舞ってばかりでなかなか撮れ
ませんが一年ぶりに見る青く輝く翅を見ると心がサッパリしますよ^^

タテハチョウ科 タテハチョウ亜科 年1回 6、7月に発生 メスは8月まで生き残る 九州、本州
北海道に分布 各地の環境破壊で個体数が減っているそうです。

30分位舞っていたが急にとまってくれた・・ でもちょうっと絵にならないところですね^^
e0103903_11254857.jpg

 
まだ翅は新しく青色も綺麗です・・ ちょっと近寄れない場所でした。
e0103903_1127946.jpg


アカシジミを撮りに行ったんですが木の上ばかりでなかなか近寄れません
e0103903_11283513.jpg


いくらか明るい所に来たが遠いのでトリミングしてあります^^
e0103903_11294736.jpg


最近、スミナガシに会ってないなぁー ^^ 1日中スミナガシのい居る場所を歩き回ったが
まったく遇えず、ガックリしてしまった^^ その代わり出てきてくれた新しいルリタテハです。
e0103903_11335855.jpg


ヒオドシチョウも出てきてくれました・・ 新しく生まれてきたばかりなの色あせも無く
綺麗でしょう。人工物によくとまってくれますね^^
e0103903_11362724.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2013-07-06 11:37 | 大紫(7)

コヒョウモンモドキ

安曇野で会えるコヒョウモンモドキ、そろそろ見れるかと思い出かけてみました^^
舞うすがたはユックリとした飛び方で近寄っても逃げられにくいです・・ 大きさは
モンシロより一回り小さくヒョウモン系の色合いです^^

タテハチョウ科 タテハチョウ亜科 年1回7月に出現 本州中部1000mから2000mの高原
に見られる。 関東北部、中部山岳地方に分布 絶滅危惧種

表を陽に向けて暖めているような感じ?  縦のスジ紋が良く目立つデザインです。
e0103903_15016100.jpg


翅裏・・ ウラギンヒョウモンのような模様ですね
e0103903_153435.jpg


ツツジも終わりこれといった花が無いですね。  ただとまっただけです^^
e0103903_1517124.jpg


此方はラベンダーに来たモンシロチョウ  モンシロに合う花はあと大根の花でしょう^^
1280*1024
e0103903_1564067.jpg


モンキチョウですが少しすれているのが残念なところ^^  1280*1024
e0103903_158465.jpg


メスグロヒョウモンの紹介・・  オスはヒョウモン系の色合いだがメスはまったく違う
色合いですね^^
オス・・ 表前翅には3本の性標があります
e0103903_1511436.jpg


メス・・ たしかに黒い感じのデザイン
e0103903_15123868.jpg


驚きましたよ・・ なんと頭上にはハチクマが舞っていたんです^^ 白樺峠以来です
e0103903_15141899.jpg
 
[PR]
by azuminomasa | 2013-06-18 15:15 | 小豹紋擬(4)

クモガタヒョウモン

ラベンダーが咲き出しましたね・・ これに合う蝶はモンシロチョウだと独断と偏見で
思い込んでいます^^ ところがあまり撮れなかったので次回の紹介にしたいと思い
ます^^ クモガタヒョウモンが10頭位と沢山出ていましたね。

タテハチョウ科 タテハチョウ亜科 年1回 5,6月に羽化、一時夏眠したあと
9,10月に再び活動する 国外ではシベリア東部、朝鮮半島、中国に知られる

オスが仲良く吸蜜していました・・ 時折、2,3頭で舞い立つ 1280*1024
e0103903_18414694.jpg


1頭の場面・・ 今回メスが居ませんでしたね。  1280*768
e0103903_18432134.jpg


その他の蝶から・・ 新たな蝶の紹介です。

オオミスジ・・ 前翅先端に白い斑紋があります。 以下800*640
e0103903_18463548.jpg


ホシミスジ・・ 裏面に星のような斑点があります。 これでミスジ蝶系は4種類。
e0103903_18493921.jpg


イチモンジチョウ・・ アサマイチモンジと良く似ています
e0103903_185126.jpg


スジボソヤマキチョウ・・ 越冬蝶では無く今年生まれた蝶ですね^^
e0103903_1853263.jpg


クジャクチョウ・・ 一瞬、とまってくれましたがいくらかピントあまいです^^
e0103903_1856736.jpg


ヒオドシチョウ・・ 鮮やかなオレンジと青色が綺麗だが舞う姿も迫力あります^^
e0103903_18592099.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2013-06-15 19:00 | 雲形豹紋(2)

ウラギンヒョウモン

D7100のレポートはしばらくお休みします・・ やはり暫く使ってみないと分からないですね^^
ヒョウモンチョウの二種類目は裏銀豹紋です。今時の豹紋蝶は幼虫で越冬するため傷んだ
蝶はいません・・ 生まれたばかりで皆綺麗ですね^^

タテハチョウ科 タテハチョウ亜科 年1回 6,7月に発生 幼虫はスミレ科を食べる 九州から
北海道に分布 1齢幼虫で越冬する

シロツメ草に来たウラギンヒョウモン・・ 花がちょっとショボイ^^
e0103903_18531557.jpg


翅裏・・ この蝶はギンボシヒョウモンと良く似ていますね^^  花はアカツメグサ
e0103903_18535730.jpg


その他の蝶から・・ 今時はほんと色々な蝶が出てきますね^^ ちょっと紹介

なんとアカシジミが出てきました・・ 蝶マニアにとってはこのゼフィルス25種が現れる時期が
一番忙しいですね^^ 慌てて撮ったがAFが遅く(SP)ピンボケ状態・・この後逃げられる^^
e0103903_192190.jpg


早くから現れていたコミスジ せめて葉の上で撮りかった^^
e0103903_1941734.jpg


コミスジより一回り大きいミスジチョウ
e0103903_1952884.jpg


此方は越冬蝶のテングチョウ・・ はじめ舞い方から蛾かと思ってしまいました^^
e0103903_1981850.jpg


今年生まれた蝶ですがもうボロボロ状態のトラフシジミ
e0103903_19121620.jpg


あちらこちらで会えるツバメシジミ・・メス
e0103903_19144643.jpg


最後はスジグロシロチョウ・・ クモツキの食草に来た場面 ^^
e0103903_19172770.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2013-06-11 19:19 | 裏銀豹紋(6)

奈川渡ダムからタカの渡りを見る

昨日は彼岸の用事もあって午後になって家を出たんです^^ 午後1時ころ奈川渡ダムまで来て
上を見るとタカ柱が出ているではないですか・・ ハイライトを見逃してはまずい!^^ 白樺峠に
行くのをやめて、奈川渡ダム付近の高台(入山地区)でタカの渡りを観察しました^^ 

高台に来たとき、真上に出ていたタカ柱・・ 慌てて撮影しましたよ^^
e0103903_11194760.jpg


凄かったのは1時ころから3時ころかな?・・ タカ柱が連続して現れる光景です^^
この間、1000羽位?見たでしょうか、雄大な光景に感動しましたね ^^
e0103903_11242357.jpg


奈川渡ダムから見る白樺峠です^^  レンズは300mm  此処から直線で6Km位ですね
e0103903_1129313.jpg


タカ見の広場を拡大トリミング・・ 400人位居るかな?・・ 何時もは此処から此方を
見てるんですがね^^ 
e0103903_11315721.jpg


白樺峠から見ていると奈川渡ダム付近から湧いてくるように見えるが、更に東方向から
舞って来るんです。 此処で旋回しタカ柱になります・・ 肉眼では見えませんがすでに
15羽ほどが旋回してます^^ この大きさだと更に6Km位東ですね
e0103903_11383036.jpg


上昇するとバラけて白樺峠(西方向)に流れていきます。
e0103903_11415749.jpg


奈川渡ダム(東京電力)です・・ 此処も渇水状態ですね^^
e0103903_11522979.jpg


栗が大きくなりましたね。 何故かヒガゲチョウが来てました・・ 留まっただけかな?^^
e0103903_1144384.jpg


ゲ! サルまで来てました^^
e0103903_11451367.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-09-23 11:48

サシバ

9/17の撮影から・・ 晴れたり曇ったりの天気で渡りの数も少ない日でしたが、朝はだいぶ
舞って来たようです・・ 家を出るのが遅く、見れませんでした^^ その後も舞っては来るが
遠い場面でしたね。

一度だけ近くに舞って来た・・ 左から現れたのでもう少し近くに来たら連写を入れようかと
思ってたんです^^ 1280*1024
e0103903_1955957.jpg


ところが急に方向を変え、右旋回で飛び去ってしまいました・・ 残念でしたがカッコ良かった
ですよ^^ 旋回する場面、やっと画面に入りましたがボケです^^ ピントが遅い!
e0103903_19581643.jpg


サシバの特徴・・ アゴの部分に黒いスジがあります。顔つきもタカらしいですね^^
タカは目がシッカリ撮れただけでも絵になります・・ なかなか撮れませんがね^^
e0103903_2002281.jpg


アサギマダラも舞ってましたが南風です・・ 北風でないと渡りはできないでしょうね?
e0103903_2034938.jpg


東方向へと舞うアサギマダラ
e0103903_2042671.jpg


マツムシソウに来たアサギマダラ・・ メスのようです^^
e0103903_2054891.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-09-19 20:07 | サシバ(6)

クジャクチョウとタカの渡り・・ハチクマ

今日の白樺峠は曇り時々晴れのような天気でした・・ タカも現れ渡りシーズンが本格的に
なってきましたね^^ 今日見たのは20羽位かな?・・ 相変わらず、それて遠くを通過して
行きます。 クジャクチョウが沢山居ましたが来る花はマツムシソウだけでしたね^^

タテハチョウ科 タテハチョウ亜科 年2回 6月~10月に見られる 成虫で越冬
中部地方以北、北海道に分布する 孔雀蝶

タカ見の広場は草刈が行われたようです・・ でもマツムシソウなどの花は残してありました^^
散った花やこれから咲く花と色々ですが、クジャクチョウは新しいものばかりでしたね
1280*1024
e0103903_19123417.jpg


翅裏・・ 黒く見えるだけの翅裏ですが、光の方向によって模様?が見えますね^^
e0103903_19151534.jpg


マツムシソウは目立つ色合いでも清楚な感じ・・ クジャクチョウが来ると派手な光景
になりますね^^
e0103903_19171199.jpg


近くに来たハチクマです・・ ツバメも多かったですね^^ ツバメと一緒に舞う場面
e0103903_19185187.jpg


ラッキーなことに此方に舞って来ました^^ でも足に何か持っている? ハチの巣かな?
PCで確認してみたが分かりませんでした^^ 拡大トリミング 明るさアップ
e0103903_19212395.jpg


此方はホシガラス(渡りはしません) 尾の部分は白いんですね^^
e0103903_19225278.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-09-09 19:27 | 孔雀蝶(8)

ギンボシヒョウモン&アカタテハ

白樺峠にて・・ ミドリヒョウモンの他にはギンボシヒョウモンとアカタテハが見られましたね^^
表面は緑豹紋に似てますが裏は白い斑点があるので分かりやすい・・ でも此処には居ません
がウラギンヒョウモンと似ています^^

タテハチョウ科 タテハチョウ亜科 年1回6,7月に羽化する 卵や幼虫で越冬し本州と
北海道に分布する

マツムシソウに来たギンボシヒョウモン・・ 裏の斑点模様はウラギンと似ています^^
e0103903_2114185.jpg


翅表ですがなかなか開かず、これが一番かな?  この1頭のみでした^^
e0103903_21153638.jpg


アカタテハも居ましたが、これも1頭だけでしたね^^
タテハチョウ科 タテハチョウ亜科 年2回~4回発生 5月から11月に見られる。普通は
成虫で越冬するが、暖地では幼虫で越冬することが確認されている。日本全土に分布

翅裏・・ マツムシソウに来た場面、他の蝶とはちょっと違う模様ですね^^
e0103903_2119089.jpg


翅表・・ 赤色が鮮やかに残っていました。 ヒメアカタテハと似ているが後翅の模様は
少なく翅縁にのみ模様があります^^
e0103903_21223927.jpg
 

今回、2倍テレコンを仕入れてみました^^ 結果は使えませんでしたね (300mmF4レンズ
だとF8になります。カメラのAFセンサーはF5.6までしか対応してない) F8対応のカメラが
出るまでお蔵入りです^^
ノスリを撮ってみたが、AF-C撮影中なかなかAFが動きません・・ 十数枚ほど撮った中から
一番ピントが良かったものです^^
e0103903_21355881.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-08-29 21:37 | 銀星豹紋(3)

ミドリヒョウモン

白樺峠にて・・ 今年はミドリヒョウモンが沢山居ましたね^^ 綺麗なものからボロボロ状態の
ものまで・・ でも天気が良いのか元気に舞ってました。蝶を撮ってる間、時々タカも現れるので
上と下と何か忙しい撮影でした^^

タテハチョウ科 タテハチョウ亜科 年1回 6,7月に発生 低山地では一時夏眠して9,10月に
再び活動する。九州から北海道に分布

マツムシソウに来たミドリヒョウモン♂ ・・ バックの青色は東山です(寝転んで撮ってます)^^
1280*1024
e0103903_17112027.jpg


マルバダケブキに来た場面・・ 花も色々ですが、これはまだ綺麗でしたね^^
e0103903_17132489.jpg


翅裏・・ 名前の由来となった部分、後翅がいくらか緑ぽい?^^
e0103903_1715081.jpg


此方はいくらか黒い感じの♀です^^
e0103903_1716548.jpg


たまに現れるタカの撮影から・・ ハチクマかと思ったらミサゴでした・・ ツミと一緒でしたね^^
右がツミ
e0103903_17215289.jpg


頭上に何か舞ってる?・・ 太陽近くの逆光状態でよく分かりませんがオオタカかも^^
数日前も現れたそうです。
e0103903_17234292.jpg


ハチクマです・・ 天気は良いのですが、午後は雲が多くなりますね^^
e0103903_17243334.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-08-26 17:26 | 緑豹紋(4)

ベニヒカゲとマツムシソウ

久しぶりに八方尾根に行って来ました・・ 昨年は黒菱林道が崩壊していて通行止でした
から2年ぶり?でしょう^^ ベニヒカゲにはマツムシソウが似合います・・ ヨツバヒヨドリも
咲いてるんですがまったく来ません?でしたね^^

タテハチョウ科 ジャノメチョウ亜科 年1回8月に発生 幼虫で越冬 本州中部山岳、北海道に分布

一輪のマツムシソウに、なんと4頭も来ていましたね^^ 裏に白い斑紋があるのはメスです。
e0103903_19535637.jpg


もっと近くへと寄ったが逃げられました^^
e0103903_19552917.jpg


どアップの場面・・ 紅(オレンジ色)の部分は色褪せてくると黄色に見えますね^^
e0103903_19575650.jpg


強引に壁紙にしましたが、構図がまったくダメです^^ 谷からの涼風があります。1280*1024
e0103903_19594011.jpg


シシウドに来ていたウラギンヒョウモン(オス)
e0103903_2041835.jpg


ヨツバヒヨドリにはサカハチチョウが来てましたね^^
e0103903_2052662.jpg


初めて見ましたが、なんとネジバナにアサギマダラ来ていたんです^^
e0103903_2062974.jpg

[PR]
by azuminomasa | 2012-08-16 20:08 | 紅日陰(5)

D7100と34で蝶を撮ってます ^^


by azuminomasa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク&参考文献


参考文献
山と渓谷社 蝶
文一総合出版 日本の鳥
文一総合出版 ワシタカ類
ブログ紹介
MG's JunkBox
へなちょこ爺の写真箱
ほっとする居場所
よく晴れた雨の日に
ぽっと陽だまり研究室
山歩風景
じいちゃん先生のトナカイだより
デジタルみちのくの風景
ヒメオオの寄り道
奈良の野鳥
かめらのあしあと
yutorieの庭
風と私と散歩道
おじさんの散歩がてら
バチターブルー
蝶と滝と自然を求めて

タグ

(369)
(314)
(184)
(146)
(133)
(107)
(95)
(43)
(34)
(26)
(23)
(22)
(21)
(20)
(19)
(17)
(16)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

蝶H20
蝶H21
以下蝶H22~ あいうえお順
赤立羽(7)
揚羽蝶(2)
浅葱斑(6)
浅間一文字(2)
一文字挵(5)
薄羽白蝶(4)
裏銀小灰蝶(4)
裏銀豹紋(6)
裏波赤小灰蝶(2)
裏波小灰蝶(6)
L立羽(9)
大一文字(2)
大裏銀筋豹紋(1)
大胡麻小灰蝶(2)
大日陰(1)
大三筋(3)
大緑小灰蝶(1)
大紫(7)
尾長揚羽(2)
烏揚羽(2)
大緑小灰蝶(1)
鴉小灰蝶(1)
黄揚羽(25)
北黄蝶(6)
黄立羽(12)
黄羽挵(1)
岐阜蝶(6)
黄縁立羽(7)
黄斑挵(1)
銀星豹紋(3)
孔雀蝶(8)
雲形豹紋(2)
雲間褄黄蝶(10)
雲間紅日陰(1)
黒揚羽(1)
黒燕小灰蝶(4)
碁石小灰蝶(1)
小黄斑挵(1)
小燕(4)
小緋縅(4)
小豹紋(4)
小豹紋擬(4)
胡麻小灰蝶(1)
小三筋(1)
小紫(4)
逆八蝶(7)
C立羽(9)
蛇目蝶(2)
定山緑小灰蝶(7)
杉谷瑠璃小灰蝶(1)
筋細山黄蝶(6)
筋黒白蝶(5)
筋黒茶羽挵(1)
墨流し(1)
大名挵(3)
燕小灰蝶(3)
褄黒豹紋(9)
褄黄蝶(6)
褄白裏蛇目(2)
天狗蝶(4)
虎斑小灰蝶(2)
緋縅蝶(4)
日陰蝶(1)
姫赤立羽(10)
姫裏波蛇目(1)
姫黄斑挵(1)
姫黄斑日陰(2)
姫岐阜蝶(5)
姫小灰蝶(2)
姫白蝶(2)
姫日陰(1)
二筋蝶(2)
紅小灰蝶(14)
紅日陰(5)
星三筋(2)
三筋蝶(1)
緑豹紋(4)
深山烏揚羽(11)
深山小灰蝶(11)
深山挵(4)
無紋赤小灰蝶(2)
雌赤緑小灰蝶(2)
雌黒豹紋(3)
紋黄蝶(7)
紋白蝶(4)
瑠璃小灰蝶(5)
山黄斑日陰(1)
大和小灰蝶(1)
瑠璃立羽(4)
--以下 猛禽類--
オオタカ(3)
クマタカ(2)
コチョウゲンボウ(2)
サシバ(6)
チョウゲンボウ(5)
ツミ(2)
ノスリ(7)
ハチクマ(4)
ハヤブサ(2)

以前の記事

2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

記事ランキング

ファン

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

その他のジャンル